腐っている

なぜチーズにはワインとよく言われているの?

単純にチーズを食べながらワインを飲むと、最高に合います。
ですから一つ目の点としては、味の相性が抜群であるという点です。
とにかくチーズだけでワインが美味しく飲めてしまいます。

しかし、実はこれだけではありません。
チーズとワインが合うのにはちゃんとした理由があるのです。
アルコールを分解する力がチーズにはあります。

必須アミノ酸の中にメチオニンがあります。
メチオニンの特徴は肝臓に働きかけて、肝機能を向上します。
アルコールを摂取した時に、アセトアルデヒドが分解されず体内に残ると、これが悪さをし、二日酔いなどの原因になります。

退治するためには、肝臓の働きが欠かせません。
それを助けてくれるのが実はチーズなのです。
更に、栄養の面でも補い合う良い関係です。

チーズにはビタミンA,ビタミンB,が含まれていますが、美容に良いとさせるビタミンCが含まれていません。
これは困りました。
では何を飲めばよいのでしょうか。

そうです、このビタミンCを多く含むのがまさしく、ワインなのです。
ですからチーズとワインは相性バッチリと言われています。
味の点で、アルコールを分解してくれる点で、栄養を補い合う点で最高のパートナーと言うことができます。

このページの先頭へ