腐っている

乳の種類によってチーズは栄養素が異なる?

チーズは動物の乳が原料となります。
つまり、原料の栄養がチーズにも当然、反映されるわけです。

まず、牛乳から作られるタイプがあります。
牛の乳は一年中絞ることができますが、季節や食べるものによって味が変わってきます。
地域によっても乳脂肪率、タンパク質が少し差が出ます。
ですから、どこの牛かというのもポイントになってきます。

また、ヤギのチーズもあります。
牛乳で作られたタイプに比べると脂肪分や糖質が少し低いので、カロリーを気にする人にはもってこいです。
味ではすこし酸っぱい味を含んでいるので、通の人に好まれる味です。
チーズ好きの人はヤギにこだわります。

このヤギを超えてくる癖を持っているのが羊のチーズです。
他の動物の乳よりも一番栄養価が高いです。
乳脂肪、タンパク質が非常に多く含まれます。
有名なブルーチーズの代表格も羊のタイプです。

最後がフェレッシュタイプによく用いられる水牛のチーズです。
栄養価が一番低いですが、とにかく癖がなくて誰でも食べることができます。

s原料となる動物の乳の栄養価がそれぞれ違うのもチーズを選ぶときのポイントになります。
また味も全然違うので、自分のお気に入りを探してみるのも良いかもしれません。

このページの先頭へ