腐っている

内臓脂肪へのチーズの働き

チーズと聞くと、カロリーが高くて、脂肪が多く含まれるイメージがあります。
それゆえにダイエットしている人は食べない方がいいという意見や、チーズは太りやすいというものもあります。
しかし、これは昔の考え方です。

まずカロリーに関してはたくさん食べれば高くなりますが、実はバターの半分程しかありません。
また脂肪細胞の働きを以前は、脂肪を増やすだけで全く意味がないものとして考えていました、しかし、脂肪細胞は脂肪を蓄えるだけではなく、体にとって非常に有効な働きをしてくれます。
チーズに含まれる脂肪細胞は善玉ホルモンを分泌してくれます。

これが内臓の脂肪を燃やしてくれ、糖尿病などの生活習慣病を予防する働きがあるのです。
これが実際に研究で裏付けられています。
ラットで実験した結果、毎日チーズを食べたものは血液中の脂肪が減っていました。

ですから実はチーズは内臓脂肪を減らす働きを持っているのです。
またビタミンが抗酸化作用を働きかけてくれることで、肝臓が活発に酵素を生み出してくれるので、活性酸素を除去してくれます。
これが血液中のコレステロールを貯めない点でも大きく活躍してくれるのです。
内臓脂肪に働きかける効果が分かったチーズを積極的に摂取しましょう。

このページの先頭へ