腐っている

チーズが体に齎す働き

チーズの別名をご存知でしょうか。
ナチュラルチーズに関しては白い肉と呼ばれています。
どうしてこんなネーミングになったかというと、栄養素が非常に豊富に含まれているからです。

とりわけタンパク質を多く含みます。
ですから体の基礎となる部分をしっかりと補ってくれます。
そしてアミノ酸を多く含みます。

アミノ酸は、肝機能の向上にもってこいです。
またカルシウム、ビタミンも含まれるので、体の組織の生成という面においても一役買ってくれます。
そして何よりも乳酸菌が含まれます。

乳酸菌は私たちの体に大きな働きをします。
腸の運動を促し便秘を解消してくれます。
デトックス効果があるのです。

これが一番良く知られる働きですが、他にもあります。
病原菌から体を守ってくれます。
ビフィズス菌が腸内にあることで、病原菌の発生を防いでくれます。

ですからお腹に伴いがちな病気、問題を防いでくれるのです。
このようにチーズには牛乳に似た働きを持つ特徴と、更には発酵させたことにより、乳酸菌の働きをプラスアルファで期待することができます。
栄養素の吸収率もぐっと上がります。
毎日少しのチーズが体をどんどん健康に近づけてくれます。
栄養価の高い自然の健康食品ということができるのです。

このページの先頭へ