腐っている

スモークされているチーズでも栄養価は同じ?

お酒のつまみに少し香り高いスモークチーズを合わせると何とも言えない幸福感を味わえます。
手間暇かけて燻製させるため、その分価格は高くなります。
また風味がますのもポイントです。

ですから、お酒を飲む多くの人に愛されています。
ワインにチーズとよくいいますが、ビールのお供にはスモークチーズが最高です。
では、普通に食べる種類とスモークタイプでは栄養価の面で違いが出るのでしょうか。

基本的にチーズである以上はたくさんの栄養素を含みます。
ビタミンA、B、カルシウムなどのミネラルなどです。
これが変わることがありません。

しかし、多少の過程の違いにより、栄養素の量に影響が及ぶことが考えられます。
そこまで大きな差となることはありません。
次に言える点が、普通のチーズと言っても、ナチュラルと、プロセスがあります。

プロセスは発酵させる過程を経ていないため、乳酸菌が働きません。
つまり、腸に対する働きかけや、チーズに含まれるタンパク質などの吸収率が乳酸菌の含まれる発酵されたものより、はるかに劣ります。
これは覚えておかないといけません。
スモークしてもしなくてもチーズなので、栄養価にそこまで差はありません。
もし比べるものが発酵されていないものであればスモークチーズの圧勝です。

このページの先頭へ