腐っている

チーズと相性抜群の食材

チーズと相性の良い食材といえば、ワインとなります。
その気持ちもわかります。

まず、味がぴったりです。
両方が引き立て合います。
更に、チーズにはアルコールを分解させる力があるため、その点でも相性がいいです。

また栄養素もそうです。
ビタミンA、Bを含むチーズに対し、ワインはビタミンCを含みます。
この点でも相互に補い合う力があるのです。

では他にも相性がいい食べ物があるでしょうか?

とにかく、コクが欲しい時はチーズを入れれば間違いありません。
鶏肉をパセリで焼くときも一緒に入れることで味が濃厚になりますし、
炒め物にしても入れることで洋風な雰囲気を楽しめます。

チーズはいつも脇役になります。
すこし味を足したい時に料理に入れることで本当に料理の味がガラッと変わります。
これが愛させる理由です。
パスタにしてもチーズをかける、かけないでは全く別物です。

しかし、チーズ本来の味を楽しみたいならやはりパンです。
これが一番しっくりきます。
この場合、メインがチーズで、脇役をパンにできます。

バケットにはフレッシュタイプが合いますし、くるみ入りのパンには青カビタイプが合います。
酸味のあるパンにはウォッシュタイプの濃厚さがしっくりきます。
このように様々な場面で活躍できるのが、チーズの魅力です。

このページの先頭へ